電話でのご予約・お問い合わせ
 TEL.0977-73-1221  FAX 0977-73-1001  
 英語受診可能(English available 〒879-1505 大分県速見郡日出町川崎宗行3-1 
ようこそ、八重眼科医院のホームページへ
当院は、患者の皆様に最新・最適な医療を提供するため、院長、スタッフ全員が一丸となって、研鑽を続けています。
トップページ  院長挨拶 診療内容 アクセス
院長ごあいさつ
  眼科診療を始めて30年余りになります。その間、診療技術・器具は格段に進歩しました。
医療の世界は絶えず勉強していかないと患者の皆さんにいい医療、最先端の医療を提供できなくなるのは自明のことですが、なかなか難しいのが現状です。
そうした中で、当院院長である私は、最新の機械・設備を充実させ、学会に出席・発表し、体を鍛え、従業員のレベルアップを図り、日々努力してきました。このホームページをご覧いただければその経緯をおわかりいただけると思います。  
具体例としては、当院は数多くのドライアイの患者さんを日本最先端の技術で診療していると自負しています。ドライアイはオーダーメイド的な診療・治療が必要ですが、当院ではその約90%の方にご満足いただいています。
質の良い・最先端の医療を提供するためには、学会出席、私並びに従業員のリフレッシュ、体調管理を欠かせません。従って、休診が多くなり診療時間がやや少なく、患者の皆様にはご迷惑をおかけすることもあると思いますが、待ち時間を少なくするなど、快適な受診環境を提供できるよう努めております。何卒、ご容赦・ご理解下さればありがたく存じます。
今後も患者の皆様に、医療上で満足していただけるよう努力を重ねてまいる所存です。どうぞ当院の最新の設備、診療技術力を信頼していただき、眼に不安があればいつでも気軽にご相談下さい。
病院のこれまでの主な業績  
  2002年 現在白内障手術に必須の器具として、全国で頻用されている八重剪刀を考案・作製しました。

2004ESCRS (欧州白内障屈折手術学会:パリ)にて、Eye Technology社と八重剪刀の改良型を打ち合わせました。これにより八重剪刀がさらに広まりました。


2013年 ESCRSと双璧で、世界最大規模の ASCRS (米国白内障屈折手術学会:サンフランシスコ)で乱視理論を発表しました。

2014年 乱視理論の英論文A New Method for calculating Residual Astigmatism produced by toric IOL rotation」が受理されました。

2014年 JSCRS
(日本白内障屈折手術学会)オープンフォーラム「日本発の白内障手術器具を再考する」で、9人選定された演者として、八重剪刀に関して発表しました。

2016年
最先端のドライアイ情報誌「Frontiers in Dry Eye :第11巻・第2号」に、執筆依頼された「私のドライアイ診療」が掲載されました。
関連リンク
  ・日本眼科学会 ( www.nichigan.or.jp/ )
・日本眼科医会 ( www.gankaikai.or.jp/ )
・日本眼科手術学会 ( www.jsos.jp/ )
・日本白内障屈折手術学会 ( www.jscrs.org/ )
・ドライアイ研究会 ( www.dryeye.ne.jp/ )
・ASCRS ( www.ascrs.ne.jp/ )
・ESCRS ( www.escrs.ne.jp/ )
    健康保険について
   受診の際は、必ず健康保険証をお持ちください。
   保険証がない場合、自費での診療になりますのでご注意下さい。
トップページ  院長挨拶 診療内容 アクセス