電話でのご予約・お問い合わせ
 TEL.0977-73-1221  FAX 0977-73-1001
 英語受診可能(English available 〒879-1505 大分県速見郡日出町川崎宗行3-1 
トップページ  院長挨拶 診療内容 アクセス
 
 当院は、一般眼科診療全般すなわち、小児弱視治療、眼瞼疾患、角膜疾患、白内障、緑内障、アレルギー性結膜炎、ブドウ膜炎、網膜硝子体疾患などを検査治療する十分な設備・技術を備えていますが、特に重点を置いている分野を下記に示します。
 
  診療上特に重点を置いている分野
 
  1. 眼鏡処方
    院長は眼科医になる以前、4年間眼鏡店で、約4000人の眼鏡作製・調整を経験したことにより、眼鏡の処方・調整に長けています。眼鏡に詳しい眼科医は、全国的にも珍しいのです。 

2. 白内障手術

① 白内障の難症例に用いる八重剪刀(ハサミ)を考案し、この剪刀は全国の大学病院はもちろん各クリニックの手術現場で必須の道具になっています。このハサミにより、これまできわめて困難だった手術が安全に出来るようになり、白内障術者でこのハサミを知らない人はいないくらい、高く評価されています。

② 白内障手術において乱視矯正は重要なポイントであるが、乱視用(トーリック)眼内レンズの選択に当っては慎重に検討する必要があります。院長は、この選択に重要な理論を考案し、2013年に世界最大の学会である、全米白内障屈折手術学会(ASCRS)で発表し、またその内容をさらに確実にするため、眼科専門誌に英論文を投稿し受理されました。当院ではその理論に基づいて、乱視用眼内レンズを患者さんに適用して喜ばれています。

  3.   ドライアイ
    
ドライアイ研究会に所属し、眼科の中で、最も日進月歩の著しいドライアイ診療を行っています。ドライアイはオーダーメイド的に治療すべき疾患で有り、当院ではきわめて多くの患者さんを加療しています。当院で治療して良くなったという感想を、約90%の患者さんにいただいています。その事も認められ、全国で最先端のドライアイ専門誌
Frontiers in Dry Eye」の第11巻2号の「私のドライアイ診療」の記事
の執筆依頼を受け、掲載されました。
 

診療時間(祝日休診

   木  金  土  日
午前
09:00 ~ 12:00 
手術
午後
14:00 ~ 17:00 

トップページ  院長挨拶 診療内容 アクセス